HOME > マスコミ掲載文1.

マスコミ掲載文 1. 「初代社長に聞く」 芳賀正明

自分自身が変わることのできる”メイク”のテクニックと情報(ソフト)をおしえていきたい。
●古いシャレで恐縮だが「ファンデーションがないと、不安でしょんがない」というのがあった。メイクアップの基礎であるだけに、言い得て妙な話。最近では、女性に限らず男性も”化粧”をたしなむようになり、いつの時代・文化でもメイクアップへの関心はあるものだ。どんな時に、どんなメイクをすればいいのか、お気に入りの色を出すためには、どうすればいいのか…といった関心だ。そんな欲求を満たしてくれるスクールを1988年に開校したのが「make-up project HAGA」だ。
「メイクアップって不思議なもので、化粧テクニックを覚え腕があがると、別人になれるんですよ。普段の時とはちがう、もう一人の自分を創りあげられるんですからね。大部分の方は、自分で自己流に覚えてきた”同じ色”と”同じ化粧法”」をしてしまいがちです。そんな時に、メイクのテクニック、応用を知ると自分で自分を変えられるし美しくなるんだから、楽しくなってしまうんですね、メイクが。例えば”マイフェイスコース”(週一回レッスン、4回で修了)は、色の出し方、塗りの方法などををベースにして、どんな時に、どんな風な使い方をすればいいかというベーシックな部分のレッスンなんですが、あくまでもナチュラル、が基本です。自然なメイクが出来るようになるための、ソフト提供とでも言うんでしょうかね。たった4回のレッスンですので、教えられることにも限りがあるんですが、最初に来た時とはガラッと変わって、皆さん美しくなってますからね。もちろん教えていて、一番嬉しい時です。」
<< Home Mail_form >>

Copyright(C) 2018.Make up Pruject HAGA All Right Reserved